2018年1月1日、AIU損害保険と富士火災海上保険は、合併による経営統合を行い、「AIG損害保険」として生まれ変わりました。

HOME保険内容のご案内 > 建設工事保険

工事保険のご案内

建設中の建物・資材等の事故に 建設工事保険 / 年間総括契約 建設工事保険 総括契約に関する特約セット 

工事現場において、建築中の建物や資材などに、不測かつ突発的な事故により損害が生じた場合、その復旧費用を補償します。

例えばこのような場合に保険金をお支払いいたします

  • 火災・破裂または爆発による損害
    マンション工事の溶接作業中、火花が飛んで塗料に引火し、工事中の建物の一部を焼損した。
  • 作業中の損害
    クレーン車の操作を誤り、工事中の建物の玄関に衝突し、建物が破損した。
  • 盗難による損害
    店舗工事中、工事用資材であるパネルが盗難にあった。

建設工事保険総括契約の特徴

  1. 火災、盗難などの不測かつ突発的な事故によって建築中の建物や資材に損害が生じた場合、事故発生直前の状態に復旧する費用を補償します。
  2. 年間総括契約なので、工事ごとに保険を手配する手間が省け、保険を付け忘れる心配がありません。
  3. お支払いは月払・口座振替もOK。
  4. 年間総括契約保険料確定方式(※個々の着工工事の通知や保険期間終了後の保険料精算が不要)をお選びいただけます。
    ※保険料確定方式をお選びいただく場合、1工事の請負金額が10億円以下に限られる等いくつかの前提条件があります。詳細につきましては下記お問い合わせ先までご照会ください。

建設業の皆様におかれましては、建築工事の安全施工のため、日夜ご尽力のことと存じます。

しかしながら、着工から完成引渡しまでの建築中は、火災、爆発、資材の盗難、建築中の建物の破損等、不測の事態を引き起こす危険性もございます。

AIG損保の建設工事保険は、個々の工事ごとにご契約いただくのではなく、あらかじめ貴社で行うすべての向こう1年間の工事を一括してご契約いただく総括契約方式が主流となっております。

ぜひともAIG損保の建設工事保険をご検討のうえご採用賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

資料請求

保険金をお支払いできない主な場合

  • 保険契約者、被保険者または工事現場責任者の故意もしくは重大な過失または法令違反による損害
  • 地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた損害
  • 設計、施工、材質または製作の欠陥を除去するための費用
  • 保険の対象の自然の消耗、劣化、さびなどの損害
  • 戦争・暴動などによる損害

…など

このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。
ご検討にあたっては必ず当代理店より説明を受け当該商品のパンフレットをあわせてご覧下さい。
ご契約に際しては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧下さい。
※お問い合わせ先 0120-361-436 (株)プライムインシュアランス
承認番号
18G18435 AIG損害保険株式会社 神戸営業支店

▲ページの先頭へ


資料請求・お問合せはこちら

close